WEEK4 継続スキル

WEEK4 継続スキル

 

 

 

 

WEEK 4    継続スキル

 

 

みなさんこんにちは!

WEEK4 継続スキルのセッションを行います。

前回で自己変革のために、

小さなルーティンを変え、違うコミュニティに参加することで

自己変革が訪れるとまとめました。

 

いよいよスキルを習得していきますが、

「どうやって習得していけばよいのか?」と悩むところですよね?

 

今回のWEEK4では、「スキル習得のためのスキル」についてお話しますね。

 

 

 

スキルを習得するために、どんな能力を習得するべきか?

 モチベーションに関係なく継続できるスキル。 
「継続」、このスキルがないと、絶対に何も身につかない。
 
「継続」とは、「マニュアル化」のことである。

 

 

 

スキルの習得にモチベーション論はいらない。継続の仕組みだけだ。

 

 

 

 

うさぎちゃん
うさぎちゃん

なあTAKEちゃん。

スキル習得しようと思うんだけど、

いっつも途中でモチベーションが下がってもうて、長続きせーへんねんな。

うさぎちゃん、そうなんだね?

スキルっていうのは、マラソンのゴール地点みたいなものなんだ。

しんどくても、

ずーっと継続して走り続けてゴール地点で習得するものだから、

途中でやめたらリタイヤだから、

絶対に身につかないんだよね?

TAKEちゃん
TAKEちゃん

せやけどな、昨日までやる気マンマンやってんけど、

今朝おかんに「あんた、また途中でやめるんやろ」て言われて

ごっつ、おかんと喧嘩して、めちゃめちゃテンション下がってん。

せやからまた明日するわ。

うさぎちゃん
うさぎちゃん

 

 

自己管理には、モチベーションに左右されない「マニュアル化」が有効だ。

 

このように、人の気持ちは「モチベーションに」左右されがちです。

せっかくあがったやる気も、

喧嘩したり、落ち込んだりで気持ちに左右されます。

だからこそ、やる気に左右されない「仕組み」が「マニュアル」が必要なのです。

 

 

TAKEちゃん
TAKEちゃん

うさぎちゃん、質問だよ?

モチベーションの話で。

 

例えば、コンビニのおばさんは、どうしてモチベーションに左右されず、

いつも決まった時間に品出しをして、レジ業務を正確に行えるんだろう?

 

え、いつもと立ち位置ちがうやん。やりにくいな。まあええわ。

 

うーん。何をやるかが決まっているからちゃうの?

うさぎちゃん
うさぎちゃん

 

TAKEちゃん
TAKEちゃん

正解!今日はノッてるね?

すばらしい仕組み化=優れたマニュアル化がされているからだよ。

 

だからコンビニのおばさんは、モチベーションに関係なく

仕事ができるんだよね?

じゃあ、まずは自分のマニュアル化から始めてみようか!

 

 

「時間」をうまく使えると、スキルの習得ボリュームが増える!

 

 

 

 

「時間」という貴重な資源は、だれにでも平等に与えられています。

そう、あなたにも、ビルゲイツにも!

 

どこで差がつくかといえば、

自分の「時間」をうまく確保できるかどうかだと思います。

 

では、どうやってスキル習得の「時間」を確保していくのか?

 

 

 

まず、自分がスキルを身に付けるためには、

スキル習得の時間を管理するべきです。

もう少し具体的にいいますと、

スキル獲得の「時間」と「行動」のスケジュールを徹底管理するべきです。

 

1「行動」どこに行き、誰かに教えてもらうのか? 一人でインプットなのか?
2「時間」=制限時間はどれくらいか?

 

つまり、スキルを学ぶ「行動」「時間」を管理するマニュアルをつくったらよいのです。

 

 

では、例えば1週間の予定を立てるとして、以下の方法をとるべきです。

 

 

具体的な「行動」と「時間」のスケジュール管理方法

 

●「~さんに会う」でという予定はなく、「人に会う」と「行動」を記入する。

 

これをスケジュール記入すると、以下のようになります。

 

WEEK4時間管理

1.まずは、日程と「時間」スケジュールを押さえる。

2.次に自分のタスク「行動」と「制限時間」を記入。

3.細かい予定はその日が来るまでに考えればよい。

4.制限時間内にできなかったら、スケジュールは空欄で可視化する。

5.最低3か月は、スケジュールのタスク通りに徹底的に行動する。

6.空欄がなくなるように改善していく。

 

こうすると、自然とスキル習得を「継続できる仕組み」になります。

 

重要なことをする時間を増やす!

 

次に、「継続」するためには、スケジュールに書きこむ「時間」を確保しなければいけません。

でもわたしたちは常に時間に追われています。

 

ではみなさん、一日の行動を、重要度別にレベル分けしたことはありますか?

おそらくほとんどの方がやられていないと思います。

 

一度、下記の表に沿って、自分の行動を紙に書き出してみてください。

1分で終わるはずです。

 

 

書けたと思います。

では、さらに次の表に沿って、

緊急でないが、重要なことだけに集中し、

可能な限り、自分の行動を絞ってみてください。

 

 

いかがでしょうか?

自分がほんとうにやるべきリストと、スケジュール管理が完成したと思います。

これで無駄なことを排除し、重要なことに集中していけると思います。

 

では最後に今回のセッションで重要になっている概念、「時間」についてまとめます。

 

 

以下の表が、時間の概念です。ご覧ください。

 

非生産時間を生産時間に変える行動をしよう!

 

 

なにも生まないような無駄な時間を徹底して排除するべきです。

そのために、「何も生まない通勤時間」などの「すきま時間」を有効にインプット時間に回すべきだ。

 

一度出会った人との時間を無駄にしてはいけない

そのために、自分が「忘れない」ことと、相手にも「忘れられない」ことが重要だ。

だから出会った人とは必ずSNSでつながろう。

そうすれば忘れないし、忘れられない。

 

学んだ時間を無駄にしてはいけない

そのために、

学んだことはブログに書くとか、友達に電話で話すことで無駄におわらせないようにしよう。

学んだことをとにかくSNSに宣言し、発信していく努力が必要だ。

 

SESSION4まとめます。

 

自分の生産時間を把握し、その時間を確保しよう。

確保したらスケジュール管理し、制限時間内で行動を終わらせる努力を続けていく。

非生産時間を生み出すことは、徹底して排除しよう。

全ての行動が無駄に終わらない努力をしよう。